初心者でも1日で浅く広くJavaプログラミングを学習できる1日完成集中講座 | 東京のITスクール

6.1 条件分岐とは

条件分岐とは

6.1 条件分岐とは

 「もし○○○ならば、×××する」という関係が成り立つ処理をプログラムで表現することを、条件分岐と言います。
 例を挙げてみてみましょう。

  • もし雨ならば、傘をさす。
  • もし120円もっていたら、ジュースを買う。
  • もし子供なら、代金は大人の半額です。

このように、日常生活でも条件分岐はたくさんあります。もう少しプログラミング的な考え方をしてみましょう。

  • もしint型変数「a」の値が奇数なら、1を足して偶数にする。
  • もしboolean型変数「b」がtrueなら、メッセージを出力する。
  • もしdouble型変数「c」の値に小数点以下の数字があったら、四捨五入する。

このように「もし○○○ならば、×××する」というような処理を作成する場合に、条件分岐を用います。

この章では、条件分岐文として、以下の3つを説明していきます。
① if文
② if – else文
③ if – else if – else文 (if文の後ろあるelse if文はいくつでも繋げられる。最後のelse文は省略可能です。)

 条件分岐にはこれら3つのほかに、「switch文」というものもありますが、ここでは触れません。まずは、この3つをしっかりと理解することができれば今の段階ではOKです。

NEXT>> 6.2 if文

Java超入門テキスト 目次

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

セミナー一覧

法人向けプログラミング研修

Java、PHPの社員研修|新人研修

おすすめ1日集中Java講座

ワードプレス講座も人気!

ワードプレス講座も人気!

Java超入門テキスト 目次

セミナー担当講師

Javaセミナー講師紹介

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 2015 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.