初心者でも1日で浅く広くJavaプログラミングを学習できる1日完成集中講座 | 東京のITスクール

4.1 データ型の種類

データ型の種類

4.1 データ型の種類

 プログラムでは、多くのデータを扱います。
 データとは、様々な情報を表現したもので、そのデータを具体的に表現したものが「」です。例えば、鉛筆、ボール、コップなどは、「物」を表現している値であるといえます。また、100g、50分などは、分量や時間などの「数」を表現している値であるといえます。
 これらのデータは、その種類によってグループ分けすることができますが、プログラムにおいてこのグループ分けをデータ型と呼びます。
 よく利用される基本的なデータ型には、次のようなものがあります。

1. 整数(int型)

 小数を含まない値を扱うためのデータ型。
 例:0、 1、 100、 999、 -123

2. 小数(float型、double型)

 小数を含む値を扱うためのデータ型。
 例:1.23、3.14、 -99.9

3. 文字(char型)

 1文字を扱うためのデータ型。シングルクオテーション(‘)でくくります。
 例:’A’、‘B’、’z’、 ‘あ’、’ア’

4. 文字列(String型)

 文字列を扱うためのデータ型。ダブルクオテーション(“)でくくります。
 例:”ABC”、“TOKYO”、“プログラミング”

5. 論理型(boolean型)

 「真」「偽」を扱うためのデータ型。
 例:true, false

図 4.1.1 : データ型の種類

 文字列を扱うString型以外は、最も基本的なデータ型で基本データ型(プリミティブ型)と呼ばれます。一方、String型は「参照型」と呼ばれます。

NEXT>> 4.2 変数とは

Java超入門テキスト 目次

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

セミナー一覧

法人向けプログラミング研修

Java、PHPの社員研修|新人研修

おすすめ1日集中Java講座

ワードプレス講座も人気!

ワードプレス講座も人気!

Java超入門テキスト 目次

セミナー担当講師

Javaセミナー講師紹介

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 2015 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.